転ばぬ先の杖を準備しよう!シニア層こそウォーキングに工夫をしましょう

みなさんこんにちは!

横浜市中山町にあるボディケアサロン「ゼロケア」です。

 

転ばぬ先の杖という言葉は知っていますか?

本来の意味は「失敗しないように前もって準備しておく」という意味です。

今回はシニア層に対する転ばぬ先の杖を紹介していこうと思います。

 

  • 高齢者は転倒しやすい

高齢者になると小さな段差などでつまずきやすくなります。

そこで転ばぬ先の杖として準備するのが「歩くトレーニング」です。

足の上げ方や歩幅までみなさんにあったトレーニングをすることで転びにくくなります。

 

  • 高齢者は転倒で要介護になりやすい

なぜシニア層の転倒に注意する必要があるのかというと、シニア層は転倒することで要介護認定を受けることが多いからです。転倒して足の大きな骨(大腿骨)を骨折すると歩けなくなり、動けない期間が長くなると筋力が低下し、要介護となってしまいます。

 

健康的な毎日を送るためにも転ばぬ先の杖を準備しましょう。

関連記事

  1. 世界陸上が炎天下の中開催!東京オリンピックにも期待が高まるけ…

  2. 肩甲骨剥がし

    体を動かそう!

  3. ブログ開始 (ゼロブロ)

  4. 年々増加しているマラソン人口!第二シーズンへ入る前に体のメン…

  5. 第3日曜日は、753市へGO

  6. 桜が咲きました。