転ばぬ先の杖を準備しよう!シニア層こそウォーキングに工夫をしましょう

みなさんこんにちは!

横浜市中山町にあるボディケアサロン「ゼロケア」です。

 

転ばぬ先の杖という言葉は知っていますか?

本来の意味は「失敗しないように前もって準備しておく」という意味です。

今回はシニア層に対する転ばぬ先の杖を紹介していこうと思います。

 

  • 高齢者は転倒しやすい

高齢者になると小さな段差などでつまずきやすくなります。

そこで転ばぬ先の杖として準備するのが「歩くトレーニング」です。

足の上げ方や歩幅までみなさんにあったトレーニングをすることで転びにくくなります。

 

  • 高齢者は転倒で要介護になりやすい

なぜシニア層の転倒に注意する必要があるのかというと、シニア層は転倒することで要介護認定を受けることが多いからです。転倒して足の大きな骨(大腿骨)を骨折すると歩けなくなり、動けない期間が長くなると筋力が低下し、要介護となってしまいます。

 

健康的な毎日を送るためにも転ばぬ先の杖を準備しましょう。

関連記事

  1. 定期的な運動で体にどのような効果をもたらすのか

  2. 骨粗鬆症の予防には適度な運動が大切!骨は負荷をかける必要があ…

  3. 夏には熱中症に注意しましょう!楽しく夏スポーツをするための提…

  4. 肩こりの新常識は肩甲骨が関係している!ストレッチで肩甲骨をほ…

  5. 生活習慣病予防に定期的な運動をしよう!

  6. ストレッチをして血行促進!怪我防止の第一歩を踏み出しましょう…